我々行政書士が後遺障害認定をサポートするケースでは、多くの場合、医療同行を行います。

つまり、医師面談で被害者の状況をお伺いして、後遺障害診断書を仕上げてもらうようにお願いします。

医療同行のメリットは、後遺障害認定に合わせた後遺障害診断書の記載をお願いできる点ですし、被害者の症状を我々が代弁します。

 

しかし、医師が第三者の介在を嫌うケースについては、医療同行を行うとマイナスになる場合があります。

我々は後遺障害認定の部分だけをお願いするのですが、医師にとっては治療に対して口を挟まれるという意識になるのかもしれません。

そのような場合は医療同行は行わずに、手紙等の手段で後遺障害診断書の仕上げを依頼することもあります。