1 脊柱の変形障害については、「脊柱に著しい変形を残すもの」、「脊柱に変形を残すもの」に加え、「脊柱に中程度の変形を残すもの」の3段階で認定します。

 

2 「脊柱に著しい変形を残すもの」とは、エックス線写真、CT画像又はMRI画像(以下エックス線写真等)により、脊椎圧迫骨折等を確認することができる場合であって、次のいずれかに該当するものをいいます。

(ア) 脊柱圧迫骨折等により、2個以上の椎体の前方椎体高が著しく減少し、後彎が生じているもの。この場合、「前方椎体高が著しく減少」したとは、減少したすべての椎体の後方椎体高の合計と減少後の前方椎体高の合計との差が、減少した椎体の後方椎体高の1個当たりの高さ以上であるものをいう。

(イ) 脊柱圧迫骨折等により、1個以上の椎体の前方椎体高が減少し、後彎が生ずるとともに、コブ法による側彎度が50度以上となっているもの。

 

3 「脊柱に中程度の変形を残すもの」とは、エックス写真等により、脊柱圧迫骨折等を確認することができる場合であって、次のいずれかに該当するものをいいます。

(ア) 上記イの(イ)に該当する後彎が生じているもの

(イ) コブ法による側彎度が50度以上であるもの

(ウ) 環椎又は軸椎の変形・固定により、次のいずれかに該当するもの。

       ⅰ 60度以上の回旋位となっているもの

ⅱ 50度以上の屈曲位又は60度以上の伸展位となっているもの

   ⅲ 側屈位となっており、エックス線写真等により、矯正位の頭蓋底部の両端を結んだ線と軸椎下面との平行線が交わる角度が30度以上の斜位となっていることが確認できるもの

3 「脊柱に変形を残すもの」とは、次のいずれかに該当するものをいいます。

(ア) 脊柱圧迫骨折等を残しており、そのことがエックス線写真等により確認できるもの

(イ) 脊椎固定術が行われたもの

(ウ) 3個以上の脊椎について、椎弓切除術等の椎弓形成術を受けたもの